So-net無料ブログ作成
検索選択

大臼歯 [歯の解剖学・形態学・発生学]

大臼歯

 大臼歯は,小臼歯の後方(歯科用語では遠心)に続く歯で,上下顎の左右側にそれぞれ3対あります。

大臼歯の数

 大臼歯の数は,全部で,3×2×2=12本となるはずですが,最後方(いちばん後ろ)の大臼歯である第三大臼歯(智歯)は先天的に欠如することが多いので,8~12本の間となります。

大臼歯の別称にはいくつかあります。

①側歯

 大臼歯は小臼歯とともに側歯と呼ぶことがありますが,これは切歯と犬歯を前歯と呼ぶことに対応しています。

②後頬歯

 小臼歯と大臼歯は頬内面に面していることから,頬歯と呼ぶことがありますが,大臼歯はその位置から後頬歯とも呼ぶことができます。

③加生歯・増加歯

 大臼歯を加生歯または増加歯と呼ぶことがあります。この理由は,ちょっと複雑で,次のようになります。大臼歯は理論的には乳歯に属する歯と考えることができますが,他の乳歯とは異なり,代生歯を欠いています。さらに,大臼歯は生涯にわたって機能を営むことから,その形態も乳歯よりも永久歯に類似していて,このことから永久歯化した乳歯と考えることもできます。そこで,これらの点を強調するときには,大臼歯を,加生歯または増加歯と呼ぶことがあります。

咬頭の数

 上顎大臼歯は4咬頭,下顎大臼歯は5咬頭です(多咬頭歯という性質)。大臼歯が多咬頭歯となるのは,その咬合面が食物を磨りつぶす機能に適応するため,とわたしは考えています。

歯根の数

 上顎大臼歯は3根,下顎大臼歯は2根です(多根歯ということも別称も可能でしょう)。

歯冠

 大臼歯の歯冠はほぼ立方体です。6面に区別することができます。ただし,そのうちの1面は歯根との境界面です。すなわち,6面のうち1面は実在しない観念上の面で,残り5面が自由面で,これらには咬合面,頬側面,舌側面,近心面,遠心面という名称が与えられています。

GERAND|河野矯正歯科


2008-07-02 16:45  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。