So-net無料ブログ作成

頭蓋基底を構成する骨 [矯正歯科治療]

頭蓋基底を構成する骨

 脳と顔面の境界が頭蓋底です。

 頭蓋底には,頭蓋窩が3つあります。また,頭蓋底の正中部分を,頭蓋基底と呼ぶことがあります。

 この頭蓋基底は,歯科矯正学の分野では,計測の都合上,大後頭孔からナジオン(前頭骨と鼻骨の縫合部)まで,として扱っています。

 そうすると,頭蓋基底を構成する骨は,後頭骨,蝶形骨,篩骨,前頭骨の4つということになります。

 なお,解剖学的に頭蓋基底とは大後頭孔から盲孔までと定義されるようです。

200719_ceph.jpg

GERAND|河野矯正歯科|東京都渋谷区道玄坂


2008-07-19 22:21  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]
メッセージを送る


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。